みらい塾(障害のある人の「働く」をサポートします)

 障害者自立支援法に基づき、就職を希望する障害のある人が利用することのできる障害福祉サービス事業所です。個別支援計画を作成し、原則2年間の利用期間内において職業準備訓練を実施し、働くための基本的な労働習慣や職場で必要とされるマナーを習得して就職を目指します。
 具体的には、障害者職業総合センターで開発されたワークサンプル幕張版(MWS)を導入し、日々の訓練プログラムに活用しています。
 就職するために必要な就職先の確保は、当事業所の就労支援員がハローワーク、障害者就業・生活支援センターと連携して、利用者にあった仕事を探しています。また、就職後も安心して働くことができるように職場や家庭に訪問をして相談、支援を実施しています。


ワークサンプル幕張版(MWS)とは・・・

障害者職業総合センターで開発されたワークサンプルの名称で、OA作業、事務作業、実務作業に大別された13種類によって構成されており、内容は簡易版と訓練版に分かれており、簡単なレベルから難しいレベルへと進めることができます。また、作業の疑似体験や職業上の課題を把握する評価ツールとして活用することに加えて、作業遂行能力の向上等に使うことができます。

    

 利用方法につきましては、最寄りの福祉事務所または市町村役場福祉担当窓口でご相談下さい。
 利用中の費用・・福祉サービス費(利用料)+食事費等がかかります。本人または家族の世帯収入により、
 各種負担軽減措置があり負担金が異なります